オーダーメイド別注シャツ


風のシャツ
商品紹介
◆ 商品詳細
 レギュラーカラー
 セミワイドカラー
 ボタンダウンカラー
 バンドカラー+
  デタッチャブルカラー
)
注文方法
注文フォーム
プレゼント仕様
シャツの仕立て
シャツのお手入れ
シャツの着こなし方
お客様の声
 (着こなしの実例)
お客様の声
  (リクエスト)
お知らせ
風のシャツについて
お問合わせ
会社概要
 商品紹介

まるで着ていることを忘れさせてくれるようなシャツ



「風のシャツ」は、洗えば洗うほど柔らかく、そして体になじんでくる素材だけを厳選しています。
これらの生地は全て素材が本来持っている特性をできるだけ壊さないよう、ストレスを掛けないようにして生地にし、自然感豊かな風合いに仕上げています。

このようにして作られた肌に優しく、着心地の良い素材を活かした「風のシャツ」は、
お一人お一人の体にフィットさせるため、そしてストレスのない着心地を実現するために
オーダーメイドと言う形態をとっています。
そして同時にご自分に合ったお好みのデザインに仕上げることが出来ます。

一着一着を丁寧に仕上げたその品質は、きっとご満足いただけるものと自負しております。
時間とともに少しづつ体になじんでくる、そんなシャツをお楽しみください。



NAITAKK のこだわり
素材へのこだわり デザインへのこだわり 作りへのこだわり 耐久性へのこだわり お手入れへのこだわり
* 写真の色は、ご覧になられるブラウザや環境によって、実際の色とは若干異なる場合があります。


「ネイタック」は作りの細部に渡ってこだわりをもっています。

オーダーメイドの別注シャツであることのデザイン性や素材はもちろん、例えば

1.糊を使わない芯地
2.上衿が跳ねにくいいせ込み処理

3.袖付けは腕の動きが快適ないせ込み処理
4.割れにくい4mm厚の本貝ボタン
5.表にも裏にも縫い代が出ない丈夫な折り伏せ縫い
6.ガゼットと呼ばれる駒形補強のついた脇裾
7.アイロン掛けしやすい様に捨てミシンと呼ばれる見えない部分のステッチ

などなど、耐久性にもこだわりをもって、長く楽しめる着心地の良いシャツをお届けしています。


* 写真上の番号をクリックしていただくと、拡大写真が表示されます


素材へのこだわり


「風のシャツ」は、現在「シーツクロス」という肌触りを重視したもっとも風のシャツの持つ特徴を生かせる素材と
「オックスフォード」という厚みが有り、ハリとコシが強く、より体になじませてゆく楽しを味わっていただける素材の
2種類の素材を展開しています。
今後は薄物や麻素材のものなど随時使用素材を広げていく予定です。
いずれの生地も肌に触れたときの心地よさを大切にし、他では手に入らない厳選された素材だけを使っていきます。
どうぞご期待ください。


シーツクロス
価格:16,000円 (税込・配送無料)
オックスフォード
価格 :17,000円(税込・配送無料)
準備中
価格 : 未定
シーツクロスの名の通り最も肌触りを重視した綿本来の柔らかなそして肌に優しい風合いをお楽しみいただけます。タテ糸に70番手の単糸をヨコ糸に100番手の双糸を使用しています。
 綿 100%

100番手の糸を3本撚り合わせた三子と呼ばれる糸を使って、オックスフォードと呼ばれる2本づつを引きそろえて平織に仕上げた生地です。厚みが有り、ハリとコシが強く、ジーンズと同じように自分の体になじませてゆく楽しみを味わって頂ける素材です。
 綿 100%

* いずれの素材を選んでいただいても、「衿型」、「ポケット」、「ボタン」は自由にデザインできます。


ページの上へ
デザインへのこだわり


「風のシャツ」は、デザインにもこだわっています。
単なる別注シャツというだけでなく、襟型やポケットの数など、いつまでも飽きのこないデザインを、それぞれ3種類の中から選んでいただけます。

 衿型
   「風のシャツ」では「レギュラー」、「セミワイド」、「ボタンダウン」、「スタンドカラー」の各衿型を用意していますので、
 お好みのカラーをご自由に選んでいただけます。
なお、スタンドカラーにはオプションで付け衿をお選びいただく事が出来ます。詳細はスタンドカラーのページへどうぞ。

オーダーメイドの別注シャツならではのおしゃれを楽しんで下さい。

レギュラーカラー
ワイドカラー
ボタンダウンカラー
もっともオーソドックスな衿型です。ジーンズに合わせて1枚で着た時に1番上のボタンを外した時はもちろんの事,1番上のボタンを留めた時にも、美しく見えるように衿の大きさや角度をデザインしています レギュラーカラーに比べて衿の高さも少しだけ高く設定していますので、ネクタイを締めた時にもエレガントに見えるような衿型です。また、ジーンズに合わせた時は仕事終わりのネクタイを外した時のリラックス感を感じて頂けるようにデザインしています。 おなじみのボタンダウンとは違い衿はワンピース構造で綺麗なロールが可能で、また衿の裏側にボタンが付いており、表からはボタンは見えません。ジーンズに合わせてもカジュアルすぎてしまわない様に少し大振りの衿になっています。
      詳細を見る         詳細を見る      詳細を見る
バンドカラー+デタッチャブルカラー
シンプルなゆえにもっとも着る人の個性を引き立たせてくれる衿型です。ジーンズに合わせるのはもちろんのこと、クラシックな素材のジャケットにも相性ピッタリです。

また、バンドカラーにはオプションとしてデタッチャブルカラーをセットでオーダーして頂くことができます。
      詳細を見る              
 ポケット
  ポケットのデザインもご自由に選んでいただけます。
  「片側ポケット」、「両側ポケット」のほか、すっきりとしたデザインの「ポケットなし」も選んでいただけます。
  また、片側ポケットの場合は、右、左のどちらを指定していただいても結構です。


片側ポケット
両側ポケット
ポケットなし
少しドレッシーな表情の「片側ポケット」は、お好みによって右、左いずれかを指定していただけます。
「両側ポケット」はうつむき加減で仕事をしている姿に良く似合います。
シャツは本来下着でした。ヨーロッパでは今でもポケット無しのシャツが多いようで、すっきりと見える「ポケットなし」も選んでいただけます。


ページの上へ
作りへのこだわり


「風のシャツ」は、「オーダーメイドの別注シャツ」であるということにもこだわっています。
「別注シャツ」である以上、細部の作りにもこだわり、立体的な型紙と縫製でしっかりと
作り上げています。
人は前側に大きく動きますので、その動きを考えて前後のゆとりのバランスを取って
脇の縫い目は正しく脇に来る様に、
また上衿にはいせ込み処理をして衿先が跳ねにくいように、
袖にもいせ込み処理をして腕を動かしやすいように仕上げています。
そして、ようやくサイズ感が着こなしにとって重視される様になって来た昨今
衿周りと袖丈は人それぞれですが、パターンオーダーされた別注シャツなら
ご自身のサイズ感で着こなすことができます。

衿はいせ込み仕立て
袖付けはいせ込み仕立て
糊を使わない芯地
上衿付けは両サイドにいせ込みを入れて、上衿先が跳ねにくいようしています。これは上衿がその下の台衿に対して、着た時に外回りになるため、外側である上衿は内側である台衿より長くないと跳ねしまいます。そのために台衿に対して少し長い上衿を縫い合わせて(いせ込み)いるため、写真の様に平に置いた状態では上衿が両サイドで少し余って見えているのがお分かり頂けると思います。 ゆとりある動きとデザイン性を考え、袖にはいせ込み処理を施しています。これによって腕は動かしやすく、腕を下したときに脇に余分なシワが出来ないようになっています。写真の様に見頃に対して少し長い袖を縫い合わせて(いせ込み)いるため、写真の様に平らに置いた状態では袖の付け根が膨らんで見えているのがお分かり頂けると思います。 芯地は表地と同じ綿100%の接着材を使わないフラシ芯と呼ばれる芯地を使用しているので、自然な風合いを保ちつつ、糊がはがれて表地の表面が凸凹になる事はありません。またその糊が衿先に集まりほこりと一緒に固まることで衿先が黒ずんでしまうことも有りません。


ページの上へ
耐久性へのこだわり


別注シャツである「風のシャツ」は、長く着ることの出来るシャツを目指し、「丈夫で長持ち」ということにもこだわって作り上げています。
縫い代はすべてボロの出にくい折り伏せ縫いを施し、脇の裾は駒形のガゼットと呼ばれる補強布で補強しています。
また、ポケット口は縫い代のボロが出にくい仕様にしてあります。

縫い代は全て折り伏せ縫い
ボタンは4mm厚の本貝ボタン
脇裾のガゼット(補強布)
縫い代へのこだわりは、折り伏せ縫いの採用によって、何度洗濯してもボロを出にくくしています。
標準でお付けしているボタンは、洗濯などでも割れにくい、4mm厚の本貝ボタンを使用しています。
力のかかる脇裾は、駒形のガゼットで補強しています。


ページの上へ
お手入れへのこだわり


「風のシャツ」は、特別なお手入れは必要ありません。
洗うたびに着る人の体にフィットさせるためにオーダーメイドを採用していますが、
気軽に着るたびになじんでくる感覚を楽しんで頂けるよう、
日々のお手入れは極力手間がからないように工夫しています。

例えば、芯地はふらし芯という糊を使っていない芯を使用しているので、芯が
表地からはがれてしまうことが無く、それによる生地の凸凹が起こりません。

また、アイロンをする場合、できるだけアイロン掛けしやすいように、見えない部分に捨てミシンと呼ばれるミシンステッチを施して生地が折れたりよれたり裏返ったりしないように工夫しています。
もちろん洗いざらしで 着る場合もおなじように余計な生地のしわができにくい
つくりになっています。

着てそして洗うたびに自分の体の一部の様になじんでくる感覚を味わえるシャツ
また着ていることを感じさせないからだと心に優しい着心地のシャツ
「風のシャツ」はそんなシャツを目指して作られています。

厳選された素材と共に、ぜひ風のシャツの風合いと着心地を楽しんでみてください。